有効成分はフィプロニル|春になったらフロントライン!ペットのノミ&ダニ駆除薬

春になったらフロントライン!ペットのノミ&ダニ駆除薬

 

有効成分はフィプロニル

薬には、必ずその薬効成分が存在します。フロントラインの場合、それはフィプロニエルと呼ばれる成分です。
フィプロニエルはノミ、ダニといった虫たちの生命を速やかに奪ってしまう働きを持っており、フロントラインをイヌやネコの皮膚に塗布すると素早く全身の皮膚に行き渡り、ノミ、ダニの成虫を駆除してくれます。特にノミの場合、フィプロニエルは非情な狩人的なスピーディさをもって素早く、スピーディに死に至らしめます。投薬後24時間もする頃にはイヌやネコの体からノミの成虫は1匹も生存していない、という状態になるのです。ダニに対しても、投薬後48時間以内には全滅させることができます。
「でも、卵が残っているのでは?」そんな人もいるでしょう。するどいですね!確かにノミやダニは成虫だけでなく、成虫が繁殖のために産む卵も見逃せない存在です。

しかし、フロントラインに死角はありません。フロントラインの有効成分であるフィプロニエルは実に1〜3ヶ月ほどペットの皮膚に残り、卵が孵ったとしてもすぐに幼虫も駆除することができるのです。1〜3ヶ月もあれば、ノミやダニがどれほど繁殖していようと完全にゼロにすることができます。
このように、フロントラインはしっかりとノミ、ダニを最後の1匹にいたるまで全滅させてくれるのです。

Copyright(c) 2017 春になったらフロントライン!ペットのノミ&ダニ駆除薬